【見落とさないで】片付けが節約の基本

片付けた服 節約ブログ

節約は片付けから始まる

自分の持ち物を把握し、不要なものを買わないため片付けは節約の要になります。

私も、以前のブログで目標にした貯金額達成のため、日々散らからないように努力しています。

片付けってどこから始めればいいの?

一番物が多いカテゴリーから片付けましょう

カテゴリーというのは洋服、日用品、本、食品などです。

例えば、洋服が多い人は洋服から片付け始めます。

一番ゴチャゴチャしていた物がすっきりすると、目に見えてキレイになったのが分かって、やる気が出ます。

一人暮らしではあまりないと思いますが、部屋ごとに片付けるタイミングを分けてしまうと”冬服こっちの部屋にもまだあったよー。さっき他のはクローゼットの上にまとめてしまっちゃったのにー”ってなることがあるので、カテゴリーごとの片付けをおすすめします。

 

活用していない物はないですか?

片付け終わり、自分の持ち物の全体像が見えると、持っていたことを忘れていた物や、同じような物があることに気づきます。

もしそのような物を見つけたら下記の3つのどれかをやってみましょう

 

1.売ってみる

もう絶対にいらない。と分かってる物が見つかったらラッキーですね。

フリマアプリで売ってみよう

使ってる人も多いと思いますが、メルカリ・ラクマが定番で初心者でも使いやすいです。メルカリは販売手数料が高めですが、ユーザーも多いため、比較的売れやすいと思います。

古着屋・リサイクルショップに持ち込もう

店舗に持ち込むので、発送の手配や直接セカンドユーザーとやり取りすることが無いです。自分のタイミングで売却したい方にはお勧めです。

しかし自分では値段が決められないため、売却価格は低くなりがちです。

ものによっては値段が付かない・引き取ってもらえないこともあります。

 

2.使ってみる

いるかいらないか、決められない物ありますよね?

使ってみると分かります

私の場合、捨てられないけどずっと着てなかった服、着てみました。

また着るようになりました!

逆に、かわいいけど、デザインが古い・年齢に合わないなど着てみることでイメージと現実のギャップがはっきりしたこともあります。服を手放すきっかけになりました。

化粧品のサンプルなどもずっと取っておいても片付かないので、早めに使いましょう。

”旅行の時使うかもー”って思って取っておいても使いません。

大切な旅行の時に自分の肌に合うか分からない化粧品は持って行きませんよね?

私はコロナで引きこもっていて、肌荒れしても問題ないのでうちにあったサンプルを使って、いつも使っている化粧水・乳液を5日分節約しました。

 

3.寄付する・捨てる

いらない物があるけど、売るのが面倒・売れなかったという人は、寄付できる物かどうかを確認してみましょう。

価値がないと思っているものでも、寄付であれば必要としている方に届けることが出来るかも知れません。

服の寄付 ⇒ H&Mの衣類回収プログラム【公式】

H&Mさんのこのプログラムは見つけたときに感動しました!

不要な布類を店舗に持ち込むと、クーポンがもらえるのです。

FUKULINAさんの記事にH&Mのプログラムが詳しくまとめてあります。

 

持ち込める物と、クーポンの利用条件などご確認下さい。

本・CD/DVD・ゲームの寄付 ⇒ もったいない本舗さん

着払いで自宅から本などを寄付出来ます。ヤマト運輸さんが印字済みの送り状と共に、ご自宅まで集荷に来てくれます。

詳しい流れはもったいない本舗さんのWEBサイトにてご確認下さい。

持ち込みも、送料も必要なく寄付が出来るのは最高ですね。

 

物を持つということはコストが掛かります

車の駐車場代を毎月払うのと似ていますが、衣服・小物類など他の物にも当てはまります。

物を持ちすぎると、もしかしたら部屋に置ききれずにトランクルームを借りる必要が出てきたり、広い部屋に引っ越さないといけなくなります。

引っ越し代金も、物が多いとその分高くなりがちです。

飛行機などの乗り物でも物が多い人は”物を運ぶこと”だけのために余分にお金を払う必要があります。

長期的に見ても、本当に必要なものを最低限もつことが節約につながります。

節約のために片付けから初めてみませんか?

 

最後まで読んで下さりありがとうございます。

やぎらく

 

アイキャッチ画像 by Amanda Vick on Unsplash

タイトルとURLをコピーしました